産後の骨盤矯正 骨盤・前後の歪み・初産

ホーム
症例 1 (骨盤の前後の歪みがひどいケース)
20代 産後4カ月 初産
腰痛・ひざの痛み・鼠径部(足の付け根)の痛みあり。
腰痛は依然からあったが産後悪化。

骨盤の前後の歪みが強い”反り越し”の状態。
腰部・臀部・大腿四頭筋・ハムストリングの筋肉を調整し、腰椎の関節操作を行った結果、
初回の施術で骨盤位の改善、症状の軽減が確認できた。

解説:
左の写真が来院時の状態です。腰椎が大きく反り返って、骨盤が後ろに寝た状態です。
下腹が出るのでズボンのウエストラインは前に下がっているのがわかると思います。
また、お尻が突き出ているので、ズボンの横に入ったラインが前傾しているのも確認できます。
お腹は前に、お尻は後ろに飛び出た状態になるのでウエストやヒップのサイズは大きくなります。
このタイプは多くのケースで矯正後、服のサイズが1〜2つサイズダウンします。



<施術前>




<施術後>



左の写真で骨盤が後ろに寝てしまっているのがわかると思います。
お腹が大きくなると、前後の重心バランスをとるため、腰が反り返ります。
産後この状態の筋肉や骨格のクセが取れず、反り腰の状態が残ってしまうケースがあります。
体重は戻ったのに、以前の服が着れないという方はこのケースが考えられます。

inserted by FC2 system