ご出産おめでとうございます。
産後の骨盤が気になるという方のために産後の骨盤矯正のこと詳しく解説しています。


産後の骨盤矯正を詳しく解説

産後の骨盤矯正は必要ですか?

2011年以降、初産年齢の全国での平均が30歳を超えています。
そのペースは近年急速に上がり、そして今後さらに上昇していくと予想されます。
また第2子以降では40代での出産というのも珍しくなくなってきました。

30代での出産は、20代での出産に比べると、骨盤が歪みやすいのです。
20代と30代では体力、筋力に大きな差があります。
30代の衰えた筋力では、産後の緩んだ骨盤を支えきれないのです。
体力や筋力には個人差があるので一概には言えないのですが、出産年齢が高い程、出産人数が多いほど骨盤は歪みやすいと言えます。

30歳を過ぎての出産なら産後の骨盤矯正をしましょう!

 

産後の骨盤は歪みやすい!

妊娠後期に出産に備え、リラキシンというホルモンが分泌されます。
リラキシンの影響で骨盤の恥骨結合が緩むため、赤ちゃんが産道を通りやすくなるのです。
しかし、同時にこのホルモンは骨盤を支える腰部、臀部、大腿部の筋肉群も弛緩します。
リラキシンの影響は2~3か月続くため、この期間は骨盤が緩みやすくなります。

さらに、妊娠期間中は運動が制限されるため筋力の低下が避けられません。
筋力が低下し、ホルモンの影響で骨盤が緩いこの時期に、授乳や抱っこなど、カラダをひねる姿勢が多くなると骨盤は歪んでしまうのです。

骨盤が歪む原因は・・・
1. ホルモンの影響
2. 運動不足による筋力低下
3. 授乳や抱っこなどカラダをひねる姿勢

 

骨盤が歪むとどうなるの?

骨盤が歪むと様々な症状の原因となります。
腰痛・恥骨痛・尾骨痛・鼠径部痛など骨盤周辺の痛みだけでなく、背骨の歪みも助長するので肩こりや頭痛なども引き起こします。
十分な骨盤ケアをせずに2人目、3人目と出産をした方で、歩行困難になったケースもあります。

また骨盤の歪み方によって、左右で足の長さが変わったり、お腹やお尻の突き出た体型になったりします。
出産を機に体型が変わったというのは、この骨盤の歪みが原因です。

骨盤が歪んだ状態では、骨盤周辺の筋肉が十分に機能しないため、基礎代謝が落ち、エネルギー消費が減るため、太りやすくなります。
産後、妊娠前の体重に戻らないのはこのためです。

骨盤が歪むと・・・
1. 腰痛や尾骨,恥骨,鼠径部の痛みを引き起こす。
2. 体型が変わる。
3. 太りやすくなる。

 

骨盤矯正はいつ受けるの?

産後2~3か月頃をお勧めします。
この頃になるとホルモンの影響が薄れてきて骨盤が安定してきます。
この時期に骨盤が歪んでいると歪んだまま固まっていくので、上記のような状態になります。
骨盤が固まりかけるこのタイミングでの矯正は比較的容易で一般的な骨盤に比べ短期間で済みます。
遅くても6か月を目途に矯正を行ってください。

産後2カ月に満たなくても、腰痛など酷い症状があるならすぐに産後ケアをしましょう。
悪露はある程度落ち着いていれば施術は可能です。

また産後6か月~数年経過してしまった方も、酷い症状があったりカラダのバランスにに異変を感じていれば骨盤が歪んだままになっているかもしれません。
この時期の矯正は少し時間は掛かるかもしれませんが、今からでも遅くありません。

出産年齢の高齢化に伴い、産後の骨盤矯正は必須となってきています。
すでに腰痛などの症状がある、妊娠前の体重になかなか戻らない、産後も体型を崩したくないという方には、強くお勧めします。

また出産はカラダのバランスを見直す良い機会です。
これらに該当しなくても、産後のボディバランスチェックのために骨盤矯正を受けられる方もたくさんいらっしゃいます。

こんな方はすぐに骨盤矯正を!
1. すでに腰痛などの症状がある方。
2. 妊娠前の体重になかなか戻らない方。
3. 産後の体型が気になる方。

 

産後の骨盤矯正はどこで受けたらいいの?

骨盤矯正を掲げる治療院、たくさんあってどこに行って良いか悩みますね。
骨盤矯正は「骨格の矯正」です。
普段から骨格の矯正を行っているカイロプラクターは専門的な知識と経験を有しています。
骨盤矯正はカイロプラクティックの専門院で受けてください。

「骨格矯正」の技術のない一般整体や保険マッサージはおススメできません。

産後の骨盤矯正はカイロプラクティックの専門院へ!

 

またカイロプラクティックや整体のチェーン店から、もう一度きちんと骨盤矯正をやり直そうと移られてくる方が最近増えています。
何か月も通院させられたのに効果が実感できないのです。
チェーン店では誰が担当になるか分からず、学生や新入りスタッフが施術を行うことも多いので注意が必要です。
産後の骨盤は緩いので矯正しやすい半面、術者が未熟だとかえって歪みが酷くなることも。
大事な産後のカラダを託す治療院の選択は慎重に行って下さい。

産後の骨盤矯正はチェーン店より実績のある個人の治療院へ!

 

ここだけの話

腕の良い治療家は皆、独立して自分の治療院を持ちます。
チェーン店などで雇われで働いているスタッフは経験が浅く技術も発展途上のことがほとんどです。あなたを担当するのが、学生や新人のスタッフなんてことも少なくないのです。
最近では、この業界も人手不足のようで、未経験歓迎の募集広告も目にします。

また、この業界に限ったことではないのですが、チェーン店は駅前やショッピングモールなど好立地の場所に出店することが多く、高額な家賃の支払いのためどうしても利益追求型になってしまいます。美容院へ行ったら、カット代の何倍もするトリートメントを買わされた・・・そんな経験はないでしょうか?産後の骨盤矯正でも、骨盤の状態や歪みの程度に関わらず、一律で施術回数・期間を設定して長期間通院させる治療院があります。

横浜の産後の骨盤矯正専門院

横浜の産後ケア、産後の骨盤矯正専門院です。
神奈川の方はご相談ください。

「さくやまカイロプラクティック」のホームページ

アメリカの学位を持つDoctor of Chiropracticに師事し、本場アメリカのカイロプラクティック専門の大学で解剖学も学んできました。
12年間に渡り、ここ横浜で多くの産後の症例を施術してきた経験から、日本人のカラダにあった産後の骨盤矯正の施術を提供しています。

「骨盤矯正」の看板を掲げる治療院はたくさんあります。
しかし、産後のケア、骨盤矯正に詳しく専門で行える治療家は残念ながら日本にはまだあまり多くはいないのが現状です。

港南区にある当院には、横浜市内をはじめ神奈川県内各地から産後ケア、産後の骨盤矯正で多くの患者さんがいらしています。

当院での症例報告

case1 骨盤の前後の歪み
20代 初産 産後4か月
腰痛、膝痛、鼠径部痛
case2 骨盤の左右の歪み
30代 第3子 産後2カ月
腰痛、歩行困難

Q&A

産後の骨盤矯正、矯正期間はどれくらい?

産後の骨盤矯正の期間は、時期や年齢、筋力、出産歴、随伴症状によって異なります。

骨盤の歪みが軽微なら初回の施術で矯正完了!この場合、1週間後に歪み戻しがないかチェックをして最終調整を行います。

第2子以降の出産や高齢での出産、産後半年以上経過してしまったケースでは歪み戻しがあることがあります。この場合あと数回、追加で施術が必要です

歪み戻しが酷い場合、腰痛など骨盤周辺のトラブルを伴う場合は集中して施術が必要となます。週1~2回のペースなら1~2カ月が目安です。

以上は当院でのケースです。治療院によって考え方や技量は違いますので確認していください。整体に半年通院したが矯正を実感できなかったという方が、当院での施術で初回で矯正が完了した症例もありました。産後の骨盤矯正はタイミングと早期矯正が大切です。施術に納得がいかない、効果が実感できないなら治療院を変えるべきです。

その他のQ&Aはこちらで紹介しています。